当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

WindowsでOneDriveを使わない方法

Windows 11→インストール→OneDrive→チュートリアル Windows

Windows 11やWindows 10には、Microsoftのクラウドストレージサービスである[OneDrive]のアプリがデフォルトでインストールされていますが、OneDrive以外のクラウドストレージサービスを使用している場合など不必要であれば「自動起動をオフにする」「無効にする」「アンインストールする」などが可能です。

OneDriveとは?

Microsoftが提供している無料のオンラインストレージで[Googleドライブ]や[iCloud Drive]などと同じようなものです。

Windows 11やWindows 10に[Microsoftアカウント]でサインインしていればOneDriveを起動するだけでサインインできますが、[ローカルアカウント]でログインしている場合はひと手間が必要になります。

「使わない」と言う場合は特に何もしなくとも問題はありませんが、Windowsの起動と同時にアプリが起動してしまうので少なくとも「自動起動をオフにする」と良いでしょう。また、「アンインストールする」ことも可能です(再インストールも可能)。WindowsのProエディションであれば「無効にする」も可能です。

自動起動をオフにするやり方

  1. 設定の[アプリ]>[スタートアップ]より【Microsoft OneDrive】をオフにします。
    Windows 11→設定→アプリ→スタートアップ

  2. 再起動します。
    Windowsを「シャットダウン」「再起動」する方法【まとめ】
    Windowsを「シャットダウンする」「再起動する」と言った場合、スタートメニューから操作することが多いですが、それ以外にも様々な手段によって【シャットダウン】や【再起動】をすることができます。

自動起動をオフにするやり方は以上です。

アンインストールするやり方

再インストール可能です。
  1. [設定]または[コントロールパネル]から【Microsoft OneDrive】をアンインストールします。
    Windows 11→設定→アプリ→インストールされているアプリ

アンインストールするやり方は以上です。

無効にするやり方

Windows 11 ProやWindows 10 Proでのみ可能な操作です。
  1. ファイル名を指定して実行より【gpedit.msc】を入力しOKをクリックします。
    Windows 11→ファイル名を指定して実行

  2. ローカルグループポリシーエディターより以下の場所を開きます。
    コンピューターの構成 > 管理者用テンプレート > Windows コンポーネント > OneDrive
    

    Windows 11→ローカルグループポリシーエディター

  3. OneDriveより【OneDrive をファイル記憶域として使用できないようにする】をダブルクリックします。
    Windows 11→ローカルグループポリシーエディター→OneDrive

  4. 「OneDrive をファイル記憶域として使用できないようにする」より【有効】を選択しOKをクリックします。
    Windows 11→ローカルグループポリシーエディター→OneDrive

無効にするやり方は以上です。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。