当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

WindowsにOneDriveをインストールする方法

デスクトップ Windows

Windows 11やWindows 10にはOneDriveがプリインストールされているはずですが、何らかの理由によって「インストールされていない」「アンインストールしてしまった」と言う場合でも後から再インストールすることができます。

OneDriveが無い?

Microsoftが提供する無料のオンラインストレージであるOneDriveは、Windows 11やWindows 10にプリインストールされていますが、既に別のオンラインストレージを使用していたりすると不要であることからアンインストールする人も少なくないかもしれません。

しかし、何らかの理由によってアンインストールしたOneDriveを使いたくなった場合には、インターネットからダウンロードして再インストールすることが可能になっています。

ただ、プリインストールされている前提となっているため、誤解を招く表示がなされているので注意が必要です。

OneDriveを再インストールするやり方

  1. Webブラウザより[OneDrive をダウンロード]にアクセスし【ダウンロード】をクリックします。
    Web→Microsoft 365→OneDrive→ダウンロード

  2. ダウンロードしたファイル(OneDriveSetup.exe)をダブルクリックで起動すると自動的にインストールされます。
    デフォルトでは[ダウンロード]フォルダーに保存されています。

    Windows 11→インストール→OneDrive

OneDriveをインストールするやり方は以上です。

インストールされたOneDriveはMicrosoftアカウントを用いてサインインします。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。