当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

WindowsのWebブラウザでGoogleカレンダーの土日を色分けする方法

Windows 11→Microsoft Edge→Googleカレンダー Windows

WebブラウザでGoogleカレンダーを見ると背景が真っ白なカレンダーが表示されます。日本では多くの場合は土曜日は青色、日曜日は赤色と色が付けられているのでGoogleカレンダーの表示も変えてみることにしました。Microsoft EdgeなどChromium系ブラウザであれば拡張機能(アドオン)の【G-calize】を使うのが簡単です。

なぜ土日に色が付いているのか?

日本で販売されているカレンダーの多くは土曜日は青色、日曜日や国民の祝日は赤色で表示されていますが、カレンダーに曜日ごとの色を付ける国は少数派だそうです。

この色分けの由来は諸説あるようですが、古くから多くの国で共通しているのが「休日は赤で表記する」と言うことで、それにならい日曜日や国民の祝日が赤く表記されているわけです。

土曜日を青く表記するのは、昔は官公庁も民間企業も土曜日は午前中だけ仕事をして午後はお休み(いわゆる半ドン)していたことから平日とも休日とも違うという意味でつけられた色だと思われます。

土日に色を付けるやり方

Microsoft Edge向けの拡張機能(アドオン)は[Microsoft Edge アドオン]よりダウンロード&インストールしますが、G-calizeは[Chrome ウェブストア]で公開されています。

[Microsoft Edge アドオン]以外で公開されている拡張機能を使う場合には初期設定が必要となります。

他のストアからの拡張機能を許可する

  1. Microsoft Edgeの[三点リーダー)]より【拡張機能】をクリックします。
    Windows 11→Microsoft Edge→メニュー

  2. メニューより【拡張機能の管理】をクリックします。
    Windows 11→Microsoft Edge→拡張機能→メニュー

  3. 拡張機能より【他のストアからの拡張機能を許可します】をオンにします。
    Windows 11→Microsoft Edge→拡張機能

ダウンロード&インストール

  1. Microsoft Edgeより【G-calize – Chrome ウェブストア】へアクセスします。
    Windows 11→Microsoft Edge

  2. G-calizeの[G-calizeはMicrosoft Edgeで動作します]より【拡張機能の入手】をクリックします。
    Windows 11→Microsoft Edge→Chrome ウェブストア→G-calize

  3. ダイアログより内容に問題が無ければ【拡張機能の追加】をクリックします。
    Windows 11→Microsoft Edge→Chrome ウェブストア→G-calize

  4. Googleカレンダーにアクセスすると土日に色が付きます。
    Windows 11→Microsoft Edge→Googleカレンダー

ダウンロード&インストールするやり方は以上です。

設定する

  1. Microsoft Edgeより[Googleカレンダー]を表示します。
    Windows 11→Microsoft Edge→Googleカレンダー

  2. Microsoft Edgeの[三点リーダー)]より【拡張機能】をクリックします。
    Windows 11→Microsoft Edge→メニュー

  3. メニューより【G-calize】をクリックします。
    Windows 11→Microsoft Edge→拡張機能→メニュー

  4. G-calizeより任意に変更します。
    Windows 11→Microsoft Edge→Chrome拡張機能→G-calize→設定

土日に色を付けるやり方は以上です。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。