当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Windowsでペーストを書式なしにする方法【まとめ】

Androidスマートフォン Windows

WordからExcelなどでコピー&ペースト(貼り付け)すると、[カラー][サイズ][太字]と言った書式も一緒にペーストされてしまいますが、書式を削除して貼り付けることもできます。

書式のコピー

WordからExcelなどでは文字の[カラー][サイズ][太字]などの書式を指定することができます(リッチテキスト)。

Windowsでは、これらの文字をコピーすると指定されている書式も一緒にコピーされ、ペースト時に反映されるようになっています。

「書式を削除して文字列だけ貼り付けたい」と言った場合には「PowerToysの[プレーンテキストとして貼り付け]を使う」「メモ帳に貼り付けてコピーし直す」などのやり方があります。

書式が設定されていない文字列をプレーンテキストと呼びます。

[プレーンテキストとして貼り付け]を使うやり方

設定する

  1. PowerToysを起動します。
    WindowsにPowerToysをインストールする方法
    MicrosoftはWindows向けにユーティリティアプリケーション[PowerToys]を提供しています。Windowsの機能を強化するものなので、便利に使えるかもしれません。
  2. PowerToysの[プレーンテキストとして貼り付け]より【プレーンテキストとして貼り付け】のオン/オフを切り替えます。
    Windows 10→PowerToys→プレーンテキストとして貼り付け

  3. プレーンテキストとして貼り付け の[アクティブ化のショートカット]より【(ペン)】をクリックします。
    Windows 10→PowerToys→プレーンテキストとして貼り付け

  4. アクティブ化のショートカットより[(対象のキー)]を押下し【保存】をクリックします。
    / Ctrl / Alt / Shiftとの組み合わせのみ可能です。無効なショートカットなどと表示される場合は見直してみてください。

    Windows 10→PowerToys→プレーンテキストとして貼り付け→アクティブ化のショートカット

設定するやり方は以上です。

使いかた

ペーストする際に[アクティブ化のショートカット]を押下します(デフォルトはCtrlAltV)。

Windows 10→PowerToys→プレーンテキストとして貼り付け

[プレーンテキストとして貼り付け]を使うやり方は以上です。

メモ帳に貼り付けてコピーし直すやり方

  1. リッチテキストをコピーします。
    文字列に加え他の情報(色、サイズ、リンク、背景色など)がコピーされます。

    Windows 10→ワードパット

  2. メモ帳(notepad.exe)に張り付けます。
    メモ帳はリッチテキストに対応していないため、テキスト(文字列)のみが張り付けられます。

    Windows10→メモ帳

  3. メモ帳からコピーし直します。
    ショートカットキー(Ctrl+A)を使うと簡単です。

    Windows10→メモ帳

メモ帳に貼り付けてコピーし直すやり方は以上です。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。