当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

iPhoneのデータをiCloudに同期する方法

iPhone iPhone

iPhoneでは[iCloud]と呼ばれるクラウドサービスを利用することができ、[連絡先]や[カレンダー]などのデータを自動的にアップロードして同期することができます。また、項目ごとにオン/オフは切り替えることができるので、取捨選択すると良いでしょう。

同期するとどうなるのか?

iCloudはApple IDを設定したデバイスで使用することができるクラウドサービスです。

Apple IDとデバイスは1対多の関係で複数のデバイスに追加することができ、追加されたデバイスにはデータが同期されるので、どのデバイスでも閲覧できるようになります。

MacやiPadはもちろん、iClouidのパソコン用ソフトウェア(Windows用iCloudなど)をインストールしておけば、アップロードされたものが自動的にパソコンへダウンロードされるようになります。

WindowsにiCloudアプリをインストールし同期する方法
iPhoneを使用する為にApple IDを作成すると “iCloud” と呼ばれるクラウドサービスを利用することができます。このiCloudは、Windowsアプリ版が用意されており、インストールすることで連係して使うことができます。
バックアップとは異なります。

同期を設定するやり方

  1. 設定より【(自分の名前)】をタップします。
    iPhone→設定

  2. Apple IDより【iCloud】をタップします。
    iPhone→設定→Apple ID

  3. iCloudの[ICLOUDを使用しているAPP]より【すべてを表示】をタップします。
    iPhone→設定→Apple ID→iCloud

  4. iCloudを使用しているAppより【(対象のアプリ)】のオン/オフを切り替えます。
    iPhone→設定→Apple ID→iCloud→iCloudを使用しているApp

同期を設定するやり方は以上です。

iCloudを使用しているAppのうち、[写真]など細かい設定ができる場合があります。

iPhoneの写真アプリをiCloudに同期する方法
iPhoneの写真アプリに保存されている[写真(画像)]や[ビデオ(動画)]をiCloudへ同期する場合、オリジナルのデータを「iPhoneとiCloudに保存する」か「iCloudのみに保存する」かを選択することができます。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。