当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Windowsのアイコンを正しく表示する方法

Windows 11→エクスプローラー→ユーザー→Appdata→Local Windows

Windowsでは様々なものが[アイコン]で表示されています。通常であれば問題ないですが、場合によって「表示されない」「表示がおかしい」「変更されない」などのトラブルが生じることがあります。これは【アイコンキャッシュ】が影響している場合が多いです。

アイコンのトラブル

Windowsではファイルやフォルダーなどが絵柄で表示されており、これをアイコンと呼びます。

アイコンは数多く存在していることから、表示する度に読み込んでいてはパフォーマンスが低下するのでキャッシュされるようになっており、これによって「表示されない」「表示がおかしい」「変更されない」などトラブルの原因になることがあります。

このため、トラブルが発生した場合には「アイコンキャッシュを削除する」とリセットすることができます。また、頻繁にトラブルが発生するようであれば「キャッシュをしないようにする」と良いかもしれません。

Windows 11を例とします。Windows 10でも同様の操作が可能ですが文言などが異なる場合があります。

アイコンキャッシュを削除するやり方

  1. エクスプローラーの[フォルダーオプション]より【隠しファイル】を表示します。
    【隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する】をオンにします。

    Windows 11→エクスプローラー→フォルダーオプション→表示

  2. ファイル名を指定して実行より【shell:Local AppData】を実行します。
    Windows 11→ファイル名を指定して実行

  3. エクスプローラーの[Local]より【IconCache.db】を削除します。
    C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Local
    

    Windows 11→エクスプローラー→ユーザー→Appdata→Local

  4. 再起動します。
    再起動すると自動的に作成されます。
    Windowsを「シャットダウン」「再起動」する方法【まとめ】
    Windowsを「シャットダウンする」「再起動する」と言った場合、スタートメニューから操作することが多いですが、それ以外にも様々な手段によって【シャットダウン】や【再起動】をすることができます。

アイコンキャッシュを削除するやり方は以上です。

キャッシュをしないようにするやり方

前述した[アイコンキャッシュを削除する手順]を先に実行します。
  1. エクスプローラーの[フォルダーオプション]より【拡張子】を表示します。
    Windows 11→エクスプローラー→フォルダーオプション→表示

  2. エクスプローラーの[Local]より何もない所を右クリックし【新規作成】>【テキストドキュメント】をクリックします。
    C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Local
    

    Windows 11→エクスプローラー→ユーザー→Appdata→Local

  3. 作成した[新規 テキスト ドキュメント.txt]の名前を【IconCache.db】に変更します。
    Windows 11→エクスプローラー→ユーザー→Appdata→Local

  4. [IconCache.db]を右クリックし【プロパティ】をクリックします。
    Windows 11→エクスプローラー→ユーザー→Appdata→Local

  5. IconCache.dbのプロパティより【読み取り専用】【隠しファイル】をチェックします。
    最後に【OK】をクリックします。

    Windows 11→エクスプローラー→プロパティ→IconCache.db

  6. 再起動します。
    [読み取り専用]であるため、再起動してもIconCache.dbに書き込まれることは無くサイズが【0バイト】のままになります。
    Windowsを「シャットダウン」「再起動」する方法【まとめ】
    Windowsを「シャットダウンする」「再起動する」と言った場合、スタートメニューから操作することが多いですが、それ以外にも様々な手段によって【シャットダウン】や【再起動】をすることができます。

キャッシュをしないようにするやり方は以上です。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。