当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Windowsで半角カタカナを入力する方法

デスクトップ Windows

パソコンで日本語を入力する際には[ひらがな][全角カタカナ][半角カタカナ][全角英数][半角英数]など様々な文字種を使います。これらは入力するモードを切り替えるほかに特定のキーを押下することで変換することができます。

全角と半角の違い

[全角]および[半角]は主に横幅を指しており、[半角]の2文字が[全角]の1文字であることが多いです(実際の幅はフォントなどによって異なります)。

[漢字]や[カタカナ]を入力する際には[ひらがな]から変換することが多いですが[英数字]を入力する際に、全角/半角キーを押下して切り替えるのが一般的です。

しかし、切り替えなくとも[漢字]や[カタカナ]と同様に[ひらがな]から[英数字]など任意の文字種へ変換するキーが存在しています。

文字種を変換するやり方

Windows 10を例とします。Windows 11でも同様の操作が可能ですが文言などが異なる場合があります。
  1. 文字を入力し未確定の状態にします。
    未確定の状態とは、一般的に「ひらがなで入力し漢字変換ができる状態」を意味します。

    Windows 10→メモ帳→入力中

  2. 文字種に対応する【Fnキー(ファンクションキー)】または【ショートカットキー】を押下します。
    文字種 Fnキー ショートカットキー
    ひらがな F6 Ctrl + U
    全角カタカナ F7 Ctrl + I
    半角カタカナ F8 Ctrl + O
    全角英数 F9 Ctrl + P
    半角英数 F10 Ctrl + T

文字種を変換するやり方は以上です。

入力モードを切り替えるより、素早く文字入力をすることができます。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。