当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

WindowsでZIPファイルが展開できない場合の対処方法

デスクトップ Windows

圧縮された[.zip]ファイルを展開する際、「エラー 0x80004005: エラーを特定できません」などと表示され正常に展開できない場合には、暗号化(パスワード)の強度が関係しているかもしれません。

ZIPファイルの暗号化

フォーマットのZIP(ジップ)は、「複数のファイルを1つにまとめる」「データ圧縮をする」などのために用いられます。

このZIPファイルには、パスワードを設定して中のファイルを暗号化することも可能ですが、この暗号化に使われる方式は1つでは無く様々なものが使われています。

暗号化方式の代表的なものにはZipcryptoがあり、これはWindowsでサポートされているので展開(解凍)することが可能ですが、より強固なAES-256などは、Windowsでサポートされていないので「エラー 0x80004005: エラーを特定できません」などと表示され展開できないことがあるので注意が必要です。

暗号化されたZIPファイルを展開するには?

Windowsでサポートしていない暗号化方式を用いられたZIPファイルは、対象の暗号化方式に対応したソフトウェアを用いることで、展開(解凍)することができるようになります。

原則として、圧縮ファイルを作成したソフトウェアであれば展開できるハズなので、作成した人物に「どのソフトウェアで圧縮ファイルを作ったか?」を訪ねると早いでしょう。誰が作ったか定かでない場合には、代表的なソフトウェアとして7-Zipを試してみると展開できるかもしれません。

このため、圧縮ファイルを作成する際に暗号化(パスワード)を設定する場合には、相手が展開(解凍)に困らないよう配慮したほうが良いでしょう。

Windowsで「7-Zip」を使う方法
Windowsはファイル・フォルダーの圧縮および展開(解凍)する機能として[ZIP]に対応していますが、「展開できない」と言った圧縮ファイルがある場合には、別途に【7-Zip】をインストールしておくと便利かもしれません。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。