当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Androidスマホで位置情報を設定する方法

マップ Android

Androidスマートフォンには【位置情報(GPSなど)】が搭載されています。設定から操作できるのはオン/オフのほか、必要に応じて利用可否(アプリなど)を変更することができます。

位置情報とは?

一般的にはGPSと呼ばれているものは[アメリカ]が開発したもので、他にもGLONASS(ロシア)・BeiDou(中国)・Galileo(EU)・みちびき/QZSS(日本)などがあり、どれに対応しているかは機種によって異なります。

Androidスマートフォンでは位置情報のオン/オフを切り替えるのに[クイック設定ツール(クイック設定パネル)]から操作できるので「設定を見たことは無い」と言う人も少なくないかもしれません。

使わなければオフでも良さそうですが、紛失時などに使う[デバイスを探す]アプリなどで利用されていることを考えるとオンの方が良いかもしれません。

位置情報を切り替えるやり方

クイック設定ツール(クイック設定パネル)から操作できる場合もあります。
  1. 設定より【位置情報】をタップします。
    Pixel→Android 13→設定

  2. 位置情報より【位置情報を使用】のオン/オフを変更します。
    Pixel→Android 13→設定→位置情報

位置情報を切り替えるやり方は以上です。

以前であればオン/オフしか選択できなかった位置情報も、昨今では「アプリの使用中のみ」と言った選択もできるようになりました。アプリ毎に選択できるので、必要に応じて選択すると良いでしょう。

アプリへの位置情報の利用許可を変更するやり方

  1. 位置情報より【アプリへの位置情報の利用許可】を選択します。
    Pixel→Android 13→設定→位置情報

  2. 位置情報より【(対象アプリ)】を選択します。
    Android 12→設定→位置情報→アプリへの位置情報の利用許可

  3. 位置情報の権限より【常に許可】【アプリの使用中のみ許可】【毎回確認する】【許可しない】を選択します。
    Android 12→設定→位置情報→アプリへの位置情報の利用許可→位置情報の権限

  4. 位置情報の権限より【正確な位置情報を使用】のオン/オフを切り替えます。
    Android 12→設定→位置情報→アプリへの位置情報の利用許可→位置情報の権限

アプリへの位置情報の利用許可を変更するやり方は以上です。

位置情報サービスを変更するやり方

  1. 位置情報より【位置情報サービス】を選択します。
    Android 12→設定→位置情報→アプリへの位置情報の利用許可

  2. 位置情報サービスより【(任意の項目)】を変更します。
    Googleロケーション履歴][Google位置情報の精度][Google現在地の共有機能][地震アラート][緊急位置情報サービス][Wi-Fiスキャン][Bluetoothスキャン]を変更できます。

    Pixel→Android 13→設定→位置情報→位置情報サービス

位置情報サービスを変更するやり方は以上です。

自分のスタイルに合わせて設定を変更すると良いでしょう。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

anykeyの管理人。

IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。

図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。