当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Macのキー操作をWindows風にする方法

MacBook Mac

Windowsに使い慣れた人がMacを使うとキーボード操作の違いに戸惑うかもしれませんが、設定を変更することでWindows風に切り替えることができます。もちろん、Windowsのキーボードショートかとも使えるようになります。

日本語入力の違い

MacとWindowsにおけるキーボード操作の違いは多岐にわたり一言では言い表せませんが、長年にわたりWindowsを使ってた人には使いにくいと感じるかもしれません。

Macを主として使うのであれば慣れるのが一番ですが、Windowsを主としてMacを使っていくのであれば、ちょっとした差異でもストレスを感じるかもしれません。

そこで、キーボード操作を「Windows風」に変更すると良いかもしれません。

Apple Touch ID搭載Magic Keyboard (Appleシリコン搭載Mac用) - 日本語(JIS) - シルバー
Apple Touch ID搭載Magic Keyboard
 

キー操作を変更するやり方

  1. システム設定の[キーボード]より【(入力ソース)編集】を押下します。

    MacBook→システム設定→キーボード

  2. すべての入力ソースの[日本語 – ローマ字入力]より【Windows風のキー操作】のオン/オフを切り替えます。

    MacBook→システム設定→キーボード→すべての入力ソース

キー操作を変更するやり方は以上です。

あわせてファンクションキーの挙動も変更しておくと使い勝手が良くなるかもしれません。

Macのキーボードでファンクションキーの挙動を切り替える方法
キーボードの最上段には[F1][F2]と言ったファンクションキーが並んでいることが多いですが、同時に[明るさ][音量]などの制御にも使われます。これらは「一時的に切り替える」の他にMacでは「常に切り替える」ことができます。
Macに乗り換えたWindowsユーザーがすべきこと
長年に渡ってWindowsを使用してきたユーザーがMacを使うと、ちょっとした違いにストレスを感じるかもしれません。今後にMacをメインで使用するなら慣れるのが一番ですが、「Windowsと併用する」「一時的にMacを使う」と言う場合には、...

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。