当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

iPhone 15で外部ストレージを使う方法

iPhoneとUSB-C iPhone

スマートフォンで「外部ストレージ」と言うと[microSDカード]を用いることが多いですが、iPhoneは発売当初から対応していないため、別途に専用アダプターなど用いる必要がありました。ただ、iPhone 15よりUSB-C(USB Type-C)を搭載したので【USBメモリー】や【外付けSSD】などの使用に敷居は低くなったかもしれません。

USB OTG対応の変換アダプター

USBメモリーや外付けSSDなどに使われるUSBの多くはUSB Type-Aであることが多いです。昨今ではスマートフォン用などでUSB Type-Cの製品も少なからずあるので用途に合わせて購入すると良いでしょう。

USB Type-Aである場合にはType-Cへ変換する変換アダプターが必要になります。また、変換アダプターはUSB OTG(USB On-The-Go)に対応している必要があります。

Anker USB-C & USB 3.0 変換アダプター【最大5Gbpsの転送スピード】 iPad Pro (2018, 11インチ) / MacBook / MacBook Air (2018)、Galaxy S9 / S9+ 他対応 (グレー)
Anker USB-C & USB 3.0 変換アダプター
 

外部ストレージの使いかた

  1. USB-C(USB Type-C)に外部ストレージ(USBメモリーや外付けSSDなど)を接続します。
    iPhone側には何の変化もありませんが、きちんと接続されればUSBメモリーなどのLEDが点滅します。
  2. ファイルアプリより[ブラウズ]を表示します。
    場所の一覧が表示されていない場合、もう一度【ブラウズ】をタップするか[<ブラウズ]をタップします。

    iPhoneアプリ→ファイル→ブラウズ

  3. ブラウズより【(対象の項目)】をタップします。
    接続した外部ストレージによって異なりますが、【NO NAME】などと表示されることがあります。

    iPhoneアプリ→ファイル→ブラウズ

  4. [NO NAME]などより内部ストレージに保存されているファイル/フォルダが表示されます。
    iPhoneアプリ→ファイル→ブラウズ→NO NAME

  5. 必要に応じて操作します。
    iPhoneでストレージを操作するファイルアプリ
    iPhoneで[内部ストレージ]や[外部ストレージ(microSDカード/USBメモリなど)]に保存されたファイルは、iPhone本体から操作(作成・削除・移動/コピーなど)することができます。

外部ストレージの使いかたは以上です。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。